派遣で働く人と契約社員で働く人

仕事探しをする中で契約社員の求人や派遣社員募集の記事を見たことがあると思います。契約社員と派遣社員のメリットやデメリットを知ることであなたのお仕事探しにも役立つ情報を紹介していきたいと思います。

派遣と建築とキャリアについて

派遣と建築とキャリアについて、建築の仕事でも派遣での募集が多くあります。

例えば、日程が決められておりその期間だけの派遣の仕事などが建築の分野でも多くあり、特に肉体労働が必要な分野での建築の仕事の場合には、このような短期間での募集が多くあります。

また一方で、建築の仕事はキャリアが必要となる仕事でもあり、キャリアが多い人の場合には、一級建築士などの資格を持っており、そのような資格を活かして講師などの仕事を行う場合もあり、このような仕事の募集もあります。

ただ、このような講師を行う人の場合には、上記のようにキャリアが必要となるだけでなく、しっかりと建築の分野に精通していることが必要となっており、上記のように資格などが必要な仕事となるため、誰でも出来る仕事ではありません。

そのため、どちらかというと、派遣での仕事の募集はあまりなく、正規の社員としての募集がある分野であり、長年その仕事に携わってきた人に、求人が多くあるという仕事になっています。

このように、資格が必要であり、講師などを行うにしても、キャリアや勉強してきた分野、建築のことをとても深く知っている必要があることから、大学などでしっかりと学んできた人、このような人が正規の社員などとして募集されることが多い分野です。

また、派遣の場合には、先述したように、期間がある程度決められており、その期間だけ、派遣の社員として働いてもらうという契約になっており、正規の社員にそこから登用されるケースもありますが、なかなか現在の日本が不景気であることから、正社員への登用はあまりされていない分野です。

上記のように、キャリアを積んで、そこから正社員への登用がある分野となっています。

page top