派遣で働く人と契約社員で働く人

仕事探しをする中で契約社員の求人や派遣社員募集の記事を見たことがあると思います。契約社員と派遣社員のメリットやデメリットを知ることであなたのお仕事探しにも役立つ情報を紹介していきたいと思います。

派遣と契約社員で長期勤務は可能?

派遣と契約社員で長期勤務が可能かどうかというのは、不可能ではありません。
一般的には派遣社員や契約社員は使い捨てと思われがちですが、結局のところは実力があるかないかということだけなので、派遣であっても能力がある人はいくらでも長く雇ってもらうことができるのです。

元々、派遣というのは専門的な知識を持ったプロフェッショナルなるが効率的に働くためのものだったわけですから、会社側から請われて雇われる存在でした。
しかし、現在ではいつでも解雇をすることができる使い捨ての人材として扱われるようになってしまったので、長く働くことができないというように考えている人も多いのですが、従来のように実力のある人に関してはいくらでも長く働き続けることができるのです。

能力がある人であれば正社員に登用されて、更に安泰となることもありますが派遣や契約社員として働きたいのであればそのまま働き続けることも可能です。
どのような雇用形態だとしても結局は本人の能力次第となりますから、能力の有る人はいくらでも長期間働くことができますし逆に能力のない人はすぐに切られてしまうということになります。

そのため、人並み程度で特別優れた部分もないという人は正社員になるのが一番長く働くことができる方法であり、正社員になってしまえば会社側というのは簡単に解雇をすることができないので、余程成果を上げることができないか不真面目に仕事をしているということでもない限り解雇をされるようなことはありません。
派遣と契約社員だからといって長期勤務が不可能というわけではありませんが、能力がなければいとも簡単に切られてしまう雇用形態だということは覚えておく必要があります。

page top