派遣で働く人と契約社員で働く人

仕事探しをする中で契約社員の求人や派遣社員募集の記事を見たことがあると思います。契約社員と派遣社員のメリットやデメリットを知ることであなたのお仕事探しにも役立つ情報を紹介していきたいと思います。

派遣と契約社員はどちらがメリットある?

派遣と契約社員ではどちらがメリットがあるかという問題は、多くの人が気になるところでしょう。派遣といっても様々な職種があり、当然ですがスキルがいらない仕事よりも専門的な職種の方が給料が良いです。派遣でも専門職ならば年収600万円を超えることもあります。しかし、同じ条件ならば契約社員のほうがメリットがあることが多いでしょう。

派遣と契約社員の大きな違いは、所属している会社にあります。契約社員の場合は勤務先の会社との直接契約となります。例えば、大手のメーカーの工場で働いている人で考えてみると、契約社員の人はその大手メーカーと直接契約を結んでいる人です。給料はもちろん、社会保険の手続きなどもメーカーで行います。一方、派遣社員の人は所属は派遣会社となっています。大手のメーカーの工場で働いていても、所属は別の会社ということになります。

同じ職場で働いていても、所属している会社が異なると人間関係に溝が生まれることもあります。契約社員のほうが精神的には安心して働けるかもしれません。また、給料についても中間搾取がなく、直接メーカーから支払われるため、条件が良いケースが多いです。同じ給料であっても中間搾取があるかないかで精神的な満足度が変わってくることもあります。さらに、大手のメーカーに所属していると、充実した福利厚生が受けられることもあります。期間満了時にボーナスのかわりに報奨金が出ることもあります。

このように、同じ条件ならば契約社員のほうがメリットがあると思われます。しかし、必ずしも希望する職種で契約社員の仕事が募集されているとは限りません。契約社員の仕事に限っていると選択肢が少なくなってしまうでしょう。派遣という雇用形態も選択肢に入れることで、希望の仕事に就ける可能性が上がります。契約社員であるか派遣であるかということではなく総合的な条件で比較をすることがおすすめです。

page top